サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ミッション:インポッシブル/フォールアウト

日本へのメッセージ

« 試写会募集も変わった | トップページ | アメリカン・アサシン »

2018年7月 8日 (日)

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

誰も信用するな

Solo_a_star_wars_story

公式サイト https://starwars.disney.co.jp/movie/hansolo.html

監督: ロン・ハワード

惑星コレリアで生まれ育った若者ハン(オールデン・エアエンライク)。銀河帝国の暗黒支配が激しさを増す中、自由を求める彼は幼なじみのキーラ(エミリア・クラーク)とともに故郷からの脱出を図るが、失敗して2人は離ればなれに。やがて銀河一のパイロットとなってキーラを迎えに戻ると誓い、帝国軍のパイロットを目指すハン。しかし3年後、彼は帝国フライト・アカデミーを追放され、歩兵として戦場に送られる。そこでギャングのトバイアス・ベケット(ウディ・ハレルソン)や、ウーキー族のチューバッカ(ヨーナス・スオタモ)と出会う。

IMAX3Dで鑑賞。
でも3Dでなくてもいいかも。
3Dで映えるカメラワークを心得ているのは、キャメロン監督とスコセッシ監督だと思っています。

ハン・ソロの若いころを描いた、スター・ウォーズのスピンオフ。
「ソロ」って名字になったいきさつがあったわ。
あと、本家の話につながる出来事が語られる。

すごく心を揺さぶられるような内容ではなかったけれど、アクションシーンはまずまずの出来。

キャラとしては、のちのハンと重なる部分と、ちょっと違うかなあと感じたところもあった。
キーラの行動も、部分的にちょっと違和感があった。
共感できるようなできないようなって感じ。
ランド・カルリジアン(ドナルド・グローヴァー)は、のちのキャラと一番ぴったりだと思ったわ。
本作で魅力的だったキャラは、チューバッカとL3かな。

まだまだ青かったハン。
パイロットになるために、結構苦労した。
でも口がうまくて、世渡り上手なハン。
アウトローな雰囲気は〇。

(鑑賞日7月2日)

« 試写会募集も変わった | トップページ | アメリカン・アサシン »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
同じスピンオフでも、『ローグ・ワン』のようには萌えませんでした。
監督交代、ポスターのパクリ疑惑、本編以外も騒がしいですね。
ランドは雰囲気が合ってると思いました。
スピンオフのくせに、新たな謎を出してきて、それを放置して終わったのが不満です。
これの続編を作る気なんでしょうか?

★すぷーきーさん
もやもやする終わり方でしたねえ。
アメリカでの興行収入が芳しくなかったらしいので、
続編はないかもしれないですね。

ハンソロの若き日の外伝。やっぱり1作では収まり切りませんね。
もうちょっと周辺がきになるんで、さらなるスピンオフが見たくなります。
TBありがとうございます。

★atts1964さん
気になる点が多いですが、
主役のキャラが今一つしっくりこない部分がありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/73789284

この記事へのトラックバック一覧です: ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー:

» 映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」 [FREE TIME]
映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を鑑賞しました。 [続きを読む]

» ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
冒険は、ここから始まる。 スター・ウォーズ世界から生まれた屈指の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日を描く実写スピンオフ・シリーズ第二弾。 当初メガホンを取っていたフィル・ロードとクリス・ミラーの降板劇と、予想外の興行的不振でケチが付いたが、さすがロン・ハワードだ。 一度ぶっ壊れたプロジェクトを立て直し、最終的に見事なクオリティに持ってきた。 「帝国の逆襲」「ジェダイの帰還」「フ...... [続きを読む]

« 試写会募集も変わった | トップページ | アメリカン・アサシン »