サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ファースト・マン

    メリー・ポピンズ リターンズ

    THE GUILTY/ギルティ

    バンブルビー

    ダンボ

日本へのメッセージ

« オーケストラ・クラス | トップページ | ブレス しあわせの呼吸 »

2018年9月19日 (水)

プーと大人になった僕

ちょっと休もうよ
働き方改革

Christopher_robin

公式サイト https://www.disney.co.jp/movie/pooh-boku.html

監督: マーク・フォースター  「マシンガン・プリーチャー」 「007/慰めの報酬」 「君のためなら千回でも」 「ネバーランド」

少年クリストファー・ロビンが、“100エーカーの森”に住む親友のくまのプーや仲間たちと別れてから長い年月が経ち、大人になったクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は、妻のイヴリン(ヘイリー・アトウェル)と娘のマデリンと共にロンドンで暮らしている。仕事中心の忙しい毎日を送っている彼は、家族と実家で過ごす予定にしていた週末に、仕事を任されてしまう。会社から託された難題と家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな彼の前に、かつての親友プー(声・ジム・カミングス)が現れる。一緒に森の仲間たちを捜してほしいとプーに頼まれた彼は、“100エーカーの森”へ行き、森の仲間たちと再会し、懐かしい日々を思い出すが、急いで仕事に戻らなければならなかった。

ユアンの声が好きなので字幕で見たいと、何とか都合かつく上映時間がある映画館へ見に行きました。

ユアンには、シャイで心優しく、繊細な性格の役が一番似合うと思っているので、楽しみにしていた作品です。
プロモーションで初来日してくれたのも、うれしいですね。

冒頭は、少年時代から現在(1950年代くらい?)までの、クリストファー・ロビンの様子。
プーたちと過ごした日々の後、寄宿学校に入れられ、幼くして両親を亡くす。恋をして結婚。妻の妊娠中に第二次世界大戦に出征し、復員後ウィンズロウ商事会社に就職。

なんかこの導入部だけで、すでにうるっと来てしまいました。
少年時代のクリストファー役が、かわいい子だったわ。

Orton_obrien

プーと再会したクリストファーは、上司から難題を押し付けられて大変な時で、プーの頼み事など聞いていられる状況ではないが、渋々森へ行く。
大人になったクリストファーは、プーと全く話が合わない。
いつまでも子供じゃいられない。
しかし、大人になって失ってしまったもの、忘れてしまった大切なものを思い出す。

Christopher_robin_2

ユーモアもあるし、ハラハラドキドキもあるし、ほっこりして楽しめる作品でした。
仕事に追われる中年にこそ、おすすめの作品です。

Christopher_roboin_3

エンドロールの後も見逃さないでね。

(鑑賞日9月16日)

« オーケストラ・クラス | トップページ | ブレス しあわせの呼吸 »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

今晩は、いつもTBありがとう!
何だか、cocologさんにはTBを送っても反映されません。
申し訳ないです、何度も挑戦してみたのですがね。
この映画は、どちらかというと大人向けの作品みたいですね。
初日に鑑賞したのですが、子供連れのお母さんが目立っていて、途中でお子さんが飽きてしまったみたいで😕
絵本のプーさんは、昔読んだことがあるのですが、映像化されたプーさんも、リアルに喋るぬいぐるみで愛嬌がありました。
内容が大人になったクリストファーが、仕事で家庭を顧みないという、妻と娘が寂しい想いをしていて、家庭崩壊になる一歩手前で、プーさんが現れてから次第に反省をして、会社にも、家庭も大事にするという。とても温かなほっこりとするお話でした。
そういえば、スケートの羽生結弦くんがプーさんが大好きで、いつもぬいぐるみを抱いてスケート場に来ていました。テッシュカバーのプーさんも持ってきてました。辛いこととかあると、プーさんを抱きしめて勇気を貰ったみたいです。
羽生君が滑ると、プーさんのぬいぐるみがスケート場に、ファンから投げ入れられる現象がおこり、それは集められて保育園とかに寄付されているそうですよ。
でも、公式の場ではプーさんぬいぐるみを持ってきてはダメと言われたそうで、最近はテッシュケースのプーさんも持ってきてません。なんか、スケート連盟からなのか知りませんが、厳しいですよね。

★パピのママさん
子どもには、前半の大人になったクリストファーとプーのやり取りは、意味が分からず面白くないでしょうね。
大人が色々共感できて、考えさせられる作品だと思いました。

羽生君への処置は、特定商品の宣伝のならないようにとの配慮なんでしょうかねえ。

TBありがとうございます。
児童書もアニメも知らずに観たのが敗因だったのか、途中なんのことか分からない場面が…。
クリストファー・ロビンの子役はかわいかったですね。

★すぷーきーさん
疑問があると、スルーして鑑賞できない、
まじめな性格でいらしゃる?

子役の男の子、愛らしくて〇。^^

いつもTBありがとうございます。
こちらはyahooブログなんでもどかしい限りです。
今作はなかなかいいファンタジーでしたね。原作をしっかり知っているわけではありませんが、お馬鹿なプーは誰しも知っているキャラ。
そんなお馬鹿さんが忘れている素直さ、人間らしさを思い出させてくれる、今の人間に取戻してほしいところかもしれませんね。
でも字幕で見直したいと思います。

★atts1964さん
大人になると、子供みたいな事を言っていられないと思いますが、
たまには一息ついて、心の休養も必要ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/74220618

この記事へのトラックバック一覧です: プーと大人になった僕:

» 映画『プーと大人になった僕』★マイペースのプーさん、ムギュっと!with赤い風船 [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/175446/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・監督: マーク・フォスター☆ ・クリストファー: ユアン・マクレガー☆ 大人になったクリストファーが、プーさんに会うとは! チラシだけでも、ほのぼの~。(*^-^*) でも、子供と大人では、事情が違うし… プーさんは、その...... [続きを読む]

» プーと大人になった僕・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
子ども時代が、訪ねてくる。 クリストファー・ロビンが、100エーカーの森から去って数十年後。 英国伝統の寄宿学校・ボーディング・スクールで学び、戦争や結婚、子育てを経験し、ブラック企業勤めのくたびれたおっさんとなったクリストファーが、なぜか故郷から遠く離れたロンドンの公園で、幼い頃の親友・くまのプーさんと再開する。 英国の児童文学作家A・A・ミルンが、息子のクリストファー・ロビン・...... [続きを読む]

» プーと大人になった僕 [象のロケット]
イギリス・ロンドン。 大人になったクリストファー・ロビンは会社で管理職となり、妻イヴリンや娘マデリンと休日を過ごす時間もないほど多忙な毎日を送っていた。 仕事にも家族との関係にも悩むロビンが公園のベンチで頭を抱えていると、自分を呼ぶ聞き覚えのある声がする。 振り向くとそこには、かつての親友くまのプーがいた…。 ファンタジック・コメディ。 ≪それは風船より大切?≫... [続きを読む]

» 「プーと大人になった僕」 [或る日の出来事]
誠実で真面目なのだけど、面白くはない。 [続きを読む]

» 「プーと大人になった僕」☆開始3秒で涙 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
いやーヤバイ。 始まって3秒で涙。そして最後までずっとうるうる…まさかこんなに泣かされるなんて~~ [続きを読む]

» 『旅猫レポート』『音量を上げろタコ!~』『デス・ウィッシュ』『プーと大人になった僕』『バタリアン』 [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
摘まんで5本まとめてレビュー。 ◆『旅猫レポート』トーホーシネマズ渋谷5 ▲『ブリーチ』の死神と『残穢』の先生の間を行ったり来たりする業の深い猫。 五つ星評価で【★★★思ったよりも予告編以上の物がなかった】 予告編通りの泣き活映画。 予告編から窺い知れないのは、主人公と父母の関係性の話くらいか。 それにしても、もう全体像もやり口も読めてるのに、 着実に堂々と拷問のよ...... [続きを読む]

« オーケストラ・クラス | トップページ | ブレス しあわせの呼吸 »