サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

    おとなの恋は、まわり道

    日日是好日

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

« ブレス しあわせの呼吸 | トップページ

2018年10月 8日 (月)

イコライザー2

転職しました

The_equalizer_2

公式サイト http://www.equalizer2.jp

監督: アントワーン・フークア  「マグニフィセント・セブン」 「サウスポー」 「エンド・オブ・ホワイトハウス」 「ザ・シューター/極大射程」 「トレーニング デイ」

表向きはタクシー運転手として働く、元CIAエージェントのロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)は、困っている人を見れば、圧倒的戦闘スキルで悪人たちを一瞬で始末する最強の殺人マシンへと変貌する。そんな彼の“仕事請負人=イコライザー”としての顔を知るのは、CIA時代の元上官で、彼の唯一の理解者であるスーザン(メリッサ・レオ)だけ。だがある日、そのスーザンがブリュッセルで惨殺される。怒りに震えるマッコールは、極秘捜査を開始。スーザンが死の直前まで手掛けていたある任務の真相に近づくにつれ、彼も危険にさらされる。

ブリュッセルで、CIAの協力者が殺された。
地元警察では、妻を殺して自殺したと処理されたけれど、スーザンは現場を見て何かに気づき、自殺ではないと見抜いたらしい。それを報告する前に殺された。

スーザンの殺害は強盗の犯行とされたが、マッコールは、プロの犯行と見抜いてさらに捜査をすすめていく。

今作では、タクシードライバーなっているマッコール。
前作のホームセンターの道具の量の多さには、かないませんね。
何をどう使うかという点では、前作の方が面白かった。
ただ、ハリケーンが迫る海辺の町で、気象を利用した戦術も使っている。

マイルズ(アシュトン・サンダーズ)や、スーザンの夫のブライアン(ビル・プルマン)の場面は、とても緊迫感があった。

犯人捜しという点では、早々にあやしいと思ったのがやっぱり犯人なのが残念。
面白くなかった。

前作でクロエちゃんをに売春婦をやめさせようとしたのと同様、今作では、絵の才能があるマイルズには真っ当に生きてほしいと目をかけます。

庭の壁に書かれた絵や、ナチスの迫害にあった老人のラストは、感動したわよ。

殺戮の後には、涙の感動がありました。

「イコライザー」の感想はこちら

(鑑賞日10月7日)

« ブレス しあわせの呼吸 | トップページ

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
現役4人を相手に強すぎるのもすごいですが、前作の「いつのまに!?」という方が面白かったかも。
でも、小麦粉のシーンが地味に好きです。
てっきり煙幕かと思ったら粉塵爆発、頭の良さを実感しました。

★すぷーきーさん
2時間サスペンスをよく見ていたので、
小麦粉の粉塵爆発は、すぐに推測できました。(爆)

ラストの感動度は、予想外でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1226073/74354643

この記事へのトラックバック一覧です: イコライザー2:

» 映画『イコライザー2』★今度はタクシードライバーで裏稼業(^_-)-☆ [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/175855/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・ロバート(元CIA): デンゼル・ワシントン ・前作の記事→コチラ 前作は、ホームセンターの店員で 商品を駆使して、ワルモノ退治するのが、爽快でした!(^^)/ 今作の、表の仕事は、タクシードライバー。 今度は、...... [続きを読む]

» 『イコライザー2』 [cinema-days 映画な日々]
古くからの友人を殺された元CIAエージェントが、 真相を突き止め、嘗ての仲間たちを粛清する。 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原題:The Equalizer 2 [続きを読む]

» 「イコライザー2」☆必殺仕事人あらためタクシードライバー [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
前作「イコライザー」が意外にも面白くて、すっかりハリウッド版必殺仕事人のデンゼル・ワシントンにハマった私。 今作はどんな風にパワーアップしたかな?と、楽しみにしていたのだけど…... [続きを読む]

« ブレス しあわせの呼吸 | トップページ