サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • バンブルビー

    ダンボ

    レプリカズ

日本へのメッセージ

« ファースト・マン | トップページ | アリータ:バトル・エンジェル »

2019年2月23日 (土)

女王陛下のお気に入り

うさぎよ うさぎよ うさぎちゃん

The_favourite

公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/Joouheika

監督: ヨルゴス・ランティモス  「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」 「ロブスター」

18世紀初頭のイングランド。フランスとの戦争が長引く中、アン女王(オリヴィア・コールマン)の身の回りの世話をする幼馴染で、イングランド軍を率いるモールバラ公爵の妻サラ(レイチェル・ワイズ)は、病弱な女王に代わって宮廷の実権を握り、戦費の調達に奔走していた。そんな時、サラの従妹で上流階級から没落したアビゲイル(エマ・ストーン)が現われ、サラに頼み込んで召使いとして雇ってもらう。サラが政治に時間を取られている間に、アビゲイルは巧みに女王に取り入り、侍女、女官へと昇進していく。

歴史上の実在の人物たちだけど、宮廷内の話はフィクション。

どこの国でも、いつの時代でも、宮廷には権力を求める魑魅魍魎だらけ。

上流階級から没落したアビゲイルは、当初は道徳観と誇りを持っているけれど、次第にそんな事はお構いなしに、ひたすら自分のために、女王の寵愛を得よう画策する。

昔の女性が経済的不安のない生活をするには、いい結婚相手を選ぶ事が必須。
そのためにアビゲイルは、女王や男たちを利用する。

一方サラは、女王の幼馴染みで、夫の侯爵は軍人でもある。
国の事や女王の事も考えている彼女と違い、没落してひどい生活を強いられてきたアビゲイルが考えるのは、自分の生活の安定だけ。

アン女王は17回も妊娠するも、流産、死産などで成人した子供は一人もなく、夫も亡くなり、在位中は、ほとんどフランスと戦争状態。
孤独感が強く、アビゲイルの本性を知っても、快楽を与えてくれるアビゲイルを遠ざけられない悲しい女。

女三人がメインで、男は添え物って感じです。
エマ・ストーンの変貌ぶりがうまい。
男たちも手玉に取っていく。
女は恐いのよ~~~
レイチェル・ワイズは、気品を漂わせていますね。

トーリー党の指導者ロバート・ハーリーに、ニコラス・ホルト
軍の大佐サミュエル・マシャムのジョー・アルウィンは、来月公開の「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」で、エリザベスの寵臣、レスター伯爵を演じているそうです。

宮廷に使用されたのは、1611年に建てられたものなんですって。
すごいですねえ。
3度オスカーを受賞しているサンディ・パウエルによる豪華な宮廷衣装も見どころの一つですね。

(鑑賞日2月19日)

« ファースト・マン | トップページ | アリータ:バトル・エンジェル »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女王陛下のお気に入り:

» 映画『女王陛下のお気に入り』★“臭い泥”にまみれた宮廷のドロドロ劇場 [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/176501/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ・アン女王: オリビア・コールマン ・サラ: レイチェル・ワイズ ・アビゲイル: エマ・ストーン☆  サラの従妹 アン女王のこと→参考 女王の寵愛が、サラからアビゲイルに、移っていくさまです。 宮廷の様子は、華やかですが...... [続きを読む]

» 「女王陛下のお気に入り」 [或る日の出来事]
愛情、地位…3人の女性がからまって(?)、どんなことになるのかが見もの。 [続きを読む]

» 「女王陛下のお気に入り」映画ゆかりの地をたずねて☆祝!主演女優賞 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
まさに本日、アカデミー賞主演女優賞を獲得したオリヴィア・コールマン。 確かに醜女(しこめ)をここまで思い切って出来る女優がはたして他にいる??!「バイス」のクリスチャン・ベイルも20Kg増やして頑張ったけど…(≧▽≦)... [続きを読む]

« ファースト・マン | トップページ | アリータ:バトル・エンジェル »