サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ターミネーター:ニュー・フェイト

    ベラのワンダフル・ホーム

    エンド・オブ・ステイツ

    シュヴァルの理想宮

    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

日本へのメッセージ

« アクアマン (試写会) | トップページ | ファースト・マン »

2019年2月12日 (火)

メリー・ポピンズ リターンズ

あなたも空を飛べる

Mary_poppins_returns

公式サイト https://www.disney.co.jp/movie/marypoppins-returns.html

1964年ディズニー製作の「メリー・ポピンズ」の続編

監督: ロブ・マーシャル  「イントゥ・ザ・ウッズ」 「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」 「シカゴ」

かつてわんぱくな少年だったバンクス家の長男マイケル(ベン・ウィショー)は、今では父や祖父が勤めたロンドンの銀行で働き、3人の子どもを育てる父親となっていた。しかし妻を1年前に亡くして悲しみに暮れる日々。そして大恐慌で経済的に苦しく、融資の返済期限が迫り、家を失う危機に追い込まれていた。そんなバンクス家の前に、魔法使いメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が風に乗って舞い降りた。

楽しい映画でした。
ただ、前作のようにみんなが口ずさむ事になるような曲はなさそう。

アニメとの融合シーンはディズニーらしいし、実写だけの部分も併せて、ディズニーランドに行ったみたいな気分になれました。
カラフルでファンタジックで楽しい
ほろりとする場面もあるけどね。

Mary_poppins_returns_2

ポピンズの衣装も楽しめたわ。

ダンスでは、火灯人たちの群舞が好きです。
桜が満開のシーンはうれしいし、とっても明るい気分になれますわ。
風船でみんなが舞い上がるシーンも大好きです。

俳優が豪華よね。

エミリー・モーティマーは、マイケルの姉。
低賃金の労働者たちの支援をしている。

ジュリー・ウォルターズが、バンクス家の家政婦さん。

メリル・ストリープは、ポピンズのいとこ。

コリン・ファースは銀行の頭取で、珍しく悪役ね。

前作に出演しているディック・ヴァン・ダイクが、 90歳を過ぎているのにタップダンスしているのには仰天よ。なんて元気なの。

そしてなんと!
風船売りは、ジェシカおばさんことアンジェラ・ランズベリーよ。
まだ生きてたんだ。(失礼)
ダイクと同い年なのねえ。

(鑑賞日2月10日)

« アクアマン (試写会) | トップページ | ファースト・マン »

【映画】ま行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メリー・ポピンズ リターンズ:

» ショートレビュー「メリー・ポピンズ リターンズ・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
メリーは、今回もMr.バンクスを救いにやって来る。 P・L・トラヴァースの児童小説を原作とする、ミュージカル映画の金字塔「メリー・ポピンズ」の、実に54年ぶりとなるオフィシャルな続編。 物語の中では前作から25年が経過し、主人公はバンクス家の長男だったマイケルへと代替わり。 かつて子供だったキャラクターが大人になって、社会のしがらみを絡めた問題を抱えているのは昨年の「プーと大人にな...... [続きを読む]

» 「メリー・ポピンズ リターンズ」 [或る日の出来事]
前作オマージュなど健闘はしているが、楽曲で記憶に残るものがないのが痛い。 [続きを読む]

« アクアマン (試写会) | トップページ | ファースト・マン »