サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • パパは奮闘中!

    僕のワンダフル・ジャーニー

    レプリカズ

日本へのメッセージ

« 女王陛下のお気に入り | トップページ | THE GUILTY/ギルティ »

2019年2月28日 (木)

アリータ:バトル・エンジェル

気合いだ!気合いだ!気合いだー!!!

Alita

公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/alitabattleangel

原作: 銃夢 (木城ゆきと)
製作: ジェームズ・キャメロン
監督: ロバート・ロドリゲス

300年前、火星連邦共和国との没落戦争で、天空都市“ザレム”だけが残った。富裕層はザレムに住み、そこから排出された廃棄物が堆積する荒廃したクズ鉄町“アイアンシティ”に分断されている。そんな地上の町で暮らすサイバー医師のイド(クリストフ・ヴァルツ)は、クズ鉄の山の中から頭部だけになっていたサイボーグの少女を発見し、拾い上げる。そんな彼女にイドが機械の体を与えると、目覚めたが記憶を失っていた。イドは彼女を“アリータ”(ローサ・サラザール)と名付けて一緒に暮らし始めたある日、襲われたイドを助けようとして、アリータの並外れた戦闘能力が覚醒した。実は彼女は、300年前の没落戦争で製造された最強兵器だったのだ。

IMAX3D字幕版で鑑賞。
原作は未読です。

ジェームズ・キャメロンは、強い女キャラが好きですねえ。
アリータは、次々と敵を倒していく。
でも、恋する乙女の部分もある。
人間のヒューゴ(キーアン・ジョンソン)とアリータの、ラブストーリーがあるとは思いませんでした。
タイタニックで海に沈んでいくレオを思い出したシーンがありました。

ロバート・ロドリゲス監督の、「スパイキッズ」は大好きよ。
本作でも、バトルシーンの映像が好き。
特に、モーターボールのスピード感あふれるシーンが楽しいわ。

どう決着するのかなあと見ていたら、続編あり的なラスト。
興行収入次第かしら。

ノヴァを演じるのは、エドワード・ノートンよ。
アイアンシティを牛耳るノヴァの手下ベクターは、去年に続き、今年も助演男優賞でオスカーを獲得したマハーシャラ・アリ

それにしてもCGの進歩は凄い。
アリータの顔の皮膚感は、人間に近いです。

(鑑賞日2月26日)

« 女王陛下のお気に入り | トップページ | THE GUILTY/ギルティ »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
原作は知らず、強い女の子が戦うということなので観ました。
どうもアリータの顔に馴染めず…。
目がデカすぎて昆虫みたいで。(泣)

★すぷーきーさん
顔の好みはそれぞれですからね。
わたしもアリータの顔は、あまり好きではありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アリータ:バトル・エンジェル:

» 「アリータ:バトル・エンジェル」 [或る日の出来事]
アリータ:テッペイ、(違った)、メガ、オオキイネ。 [続きを読む]

» アリータ:バトル・エンジェル・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
戦闘少女は、何のために蘇ったのか? 遥か未来、記憶を失ったサイボーグ少女ガリィが、数奇な運命に導かれ、多くの出会いと別れを繰り返しながら、失われたアイデンティティを求め戦い続ける。 90年代に人気を博した木城ゆきとの傑作SF漫画「銃夢」を、ジェームズ・キャメロンが映画化すると報道されたのは、もう20年近く前のこと。 しかし、実際の制作は遅々として進まず、幻の作品になるかと思われたの...... [続きを読む]

« 女王陛下のお気に入り | トップページ | THE GUILTY/ギルティ »