サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • ターミネーター:ニュー・フェイト

    ベラのワンダフル・ホーム

    エンド・オブ・ステイツ

    シュヴァルの理想宮

    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

日本へのメッセージ

« エンテベ空港の7日間 | トップページ | フッド:ザ・ビギニング »

2019年10月19日 (土)

イエスタデイ

歌詞を思い出せ

Yesterday

公式サイト https://yesterdaymovie.jp

監督: ダニー・ボイル  「T2 トレインスポッティング」 「スティーブ・ジョブズ 」 「127時間」 「スラムドッグ$ミリオネア」
脚本: リチャード・カーティス

イギリスの海辺の町に暮らすシンガー・ソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)は、幼なじみでマネージャーのエリー(リリー・ジェームズ)に支えられてきた。しかし全く売れずメジャーになる夢を諦めた日、世界規模で12秒間、謎の大停電が発生。それが原因で交通事故に遭ったジャックが、昏睡状態から目覚めると、なぜか歴史上からビートルズの存在が消えた世界になっていた。ジャックがビートルズの曲を歌うとライブは大盛況。ビートルズの名曲の数々は、彼の持ち歌として世間の注目を集め、瞬く間にスターへの階段を駆け上っていく。

監督が、ビートルズへのラブレターだと言っている本作。
ビートルズについて知っている事が多いほど、ちりばめられたネタに気づけるつくりになっている。

脚本はハートフルな作品が多いリチャード・カーティスなので、悲惨な結末にはならないだろうと、安心して見てました。
やっぱり、コミカルでハートフルな内容でした。

主人公ジャックは元教師。今はスーパーでアルバイトをしながら、音楽活動をしている。
しかしいっこうに売れないし、バイト先では正社員になる話も出ている。
そして音楽活動には見切りをつけた日、事故に遭う。
病院で目覚め 退院すると、エリーが事故で壊れたギターの代わりに、新しいギターをプレゼントしてくれた。
友人たちの前でビートルズの曲を弾くと、誰もビートルズを知らないという。
冗談かいたずらかと思ったが、ネットでビートルズを検索しても出てこない。
自宅にあったビートルズのレコードも無くなっている。

これは、ビートルズの曲を出せば売れるんじゃないか?と思うジャック。
現代だから、ネットやSNSでジャックの情報が拡散され、どんどん有名になっていく。
メジャーになるのはうれしいけれど、罪悪感も抱えるジャックの心の葛藤もある。

観客には、ジャック以外にも、ビートルズを覚えている人がいる様子なのも気になる。

ジャックとエリーの恋愛事情も並行して進みます。

ここからネタバレで感想を。

歴史から消えているのは、ビートルズだけではない。
オアシスもいないし、タバコもコカ・コーラ(ペプシはある)もハリー・ポッターもなし。

セリフにはビートルズの歌詞がちょこちょこ入っていて、ジャックが曲を思い出すきっかけになっている。
しかしレコードもないし、完璧に歌詞を覚えている曲は限られているし、必死に歌詞を思い出そうとする様子が笑えました。

エド・シーランが本人役で、結構出演場面が多いのが驚き。
彼の役を最初にオファーされたのは、クリス・マーティンだったそう。
断ったのは、離婚の時だったからかしら。
ジェームズ・コーデンも本人役だけど、出演はちょっとだけ。

レット・イット・ビーの歌詞の❝Mother Mary❞の字幕は、「母メアリー」。
ビートルズ詩集では「聖母マリア」と訳されているよね。

ビートルズを覚えている2人がジャックに何を言うのかドキドキしましたが、感謝の言葉だった。
年老いたジョン・レノンの登場には驚きました。実際にはジョンは40歳で亡くなっている。
そっくりさんかと思ったら、演じているのはロバート・カーライル
メイクさんに拍手でしょ。

「HELP!」は一緒に歌いたかったな。
ジャックの心情そのままのライブシーンでした。

本作の他にも、ビートルズのカバー曲を使用しているおすすめ映画は、
ミュージカル映画の「アクロス・ザ・ユニバース」と

Across-the-universe

「I am Sam アイ・アム・サム」
(場面にぴったりの内容の曲を流している。
予告編で❝Two of Us❞が流れただけで、当時泣きそうになりました。)

I-am-sam

(鑑賞日10月17日)

« エンテベ空港の7日間 | トップページ | フッド:ザ・ビギニング »

【映画】あ行」カテゴリの記事

コメント

基本が似ていて、メガネや髪型などでなお似てくるのか、ロバート・カーライルだとは(といいつつ、どんな顔か思い出さない)。
エド・シーランは知りませんでした。ビートルズ(の曲)には勝てないということで、ああいう役でもいいのでしょうね。

「アクロス・ザ・ユニバース」は私も超お気に入りです!「アイ・アム・サム」もよかったですねー。

★ボーさん

>エド・シーランは知りませんでした。

あら、そうでしたか。
知っていれば、より笑えたかもしれませんよ。^^

ネット検索で確認って今風ですよね。
ロバート・カーライルのメイクもさすがでしたが、
身長173センチという情報が目新しかったです(←そこかい)

もっと、ビートルズの事が詳しければ
色々と楽しめるんだろうな♪と思いましたが
クスッと笑えて、爽やかで素敵な作品でしたね♪

★itukaさん
今は何でもネットで情報が得られますね。


★daisuki-johnnyさん
リチャード・カーティスらしい展開の話でしたね。

オアシスは笑っちゃったけど、JKローリングも凄く音楽好きで、ハリポタもUKロックに絶大な影響を受けてるそうなので、結構消えちゃったものも考えられているのかも。
センス・オブ・ワンダーを感じさせる快作でした。

★ノラネコさん

>センス・オブ・ワンダーを感じさせる快作でした。

申し訳ありません。
その映画は未見なので、機会があれば見たいと思います。

<演じているのはロバート・カーライル。

えーっ!!!

まさかまさかの彼ですか!

★onscreenさん
彼だとわかりませんでしたよねえ。

全く(キッパリ 笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エンテベ空港の7日間 | トップページ | フッド:ザ・ビギニング »