サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • キングスマン:ゴールデン・サークル

    5パーセントの奇跡

    ジオストーム

日本へのメッセージ

最近のトラックバック

【映画】は行

2017年12月11日 (月)

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード

新曲誕生悲話

Interlude_in_prague

公式サイト http://mozart-movie.jp

1787年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルト(アナイリン・バーナード)をプラハに招き、新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に逗留して、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手スザンナ(モーフィッド・クラーク)と出会い、その美貌と才能に大いに魅了され、スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、彼の才能に引き付けられる。2人は急接近するが、オペラのパトロンであり、猟色家との噂のあるサロカ男爵(ジェームズ・ピュアフォイ)もまた、スザンナを狙っていた。

続きを読む "プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード" »

2017年12月 7日 (木)

はじまりのボーイミーツガール (試写会)

12歳の恋heart

Le_coeur_en_braille

公式サイト https://www.hajimari-bmg.com
12月16日公開

原作: Le Coeur en braille (ミシェル・ルテール著)

12歳のヴィクトール(ジャン=スタン・デュ・パック)は、クラスの優等生マリー(アリックス・ヴァイヨ)に恋をしている。秀才のロマンからのアプローチもはねつける彼女を、落ちこぼれのヴィクトールは遠くから見つめるだけ。ところが、そんなマリーから、「勉強を手伝ってあげる」と、家に招待された。親友のアイカムから、「どん底のお前に最後のチャンスだ」と煽られたヴィクトールは、「女は信用できない」と平静を装いつつも、ウキウキと出かけていく。マリーの指導で徐々に成績があがってきたある日、プロのチェロ奏者になる夢をマリーから打ち明けられる。そしてマリーと初めて手を繋いで下校したヴィクトールは、別れ際に頬にキスされすっかり舞い上がるのだった。でもマリーには、クラスメートが知らない秘密があった。

続きを読む "はじまりのボーイミーツガール (試写会)" »

2017年10月31日 (火)

ブレードランナー 2049

悲しきレプリカント

Blade_runner_2049

公式サイト http://www.bladerunner2049.jp

リドリー・スコット監督のブレードランナー(1982年)の続編

製作総指揮: リドリー・スコット
監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ  「メッセージ」 「プリズナーズ」 「複製された男

2049年、貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。 人間と見分けのつかない人造人間《レプリカント》が労働力として製造され、 人間社会と危うい共存関係を保っていた。レプリカントで、LA市警のブレードランナー“K”(ライアン・ゴズリング)は、寿命制限のない旧型レプリカントを見つけ、処分するのが任務だ。あるレプリカントを処分した場所で、彼は枯れ木の下に埋められたトランクを発見。中に入っていたのはレプリカントの骨で、30年くらい前、出産時に死亡して埋葬されたと思われる。“K”は、その時生まれた子供の消息を突き止めて処分するように、上司のジョシ(ロピン・ライト)から命令を受ける。

続きを読む "ブレードランナー 2049" »

2017年10月26日 (木)

バリー・シール/アメリカをはめた男

自業自得かな

American_made

公式サイト http://barry-seal.jp

監督: ダグ・リーマン  「ザ・ウォール」 「ジャンパー」 「ボーン・アイデンティティー」

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして、妻子とともに何不自由ない暮しを送っていたバリー・シール(トム・クルーズ)の元に、ある日CIAのエージェント(ドーナル・グリーソン)がスカウトに現れる。CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としてもその才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで荒稼ぎをするバリーだったが、彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた。

続きを読む "バリー・シール/アメリカをはめた男" »

2017年10月12日 (木)

プラネタリウム

リリーちゃんの眉

Planetarium

公式サイト http://planetarium-movie.com

1930年代、降霊術ツアーに出ていたアメリカ人のローラ(ナタリー・ポートマン)とケイト(リリー=ローズ・メロディ・デップ)のバーロウ姉妹は、憧れのパリへと向かう。聡明な姉のローラはショーを仕切る野心家で、純粋な妹のケイトは自分の世界に閉じこもりがちな少女。死者を呼び寄せる降霊術ショーを披露し、話題の美人姉妹として活躍し金を稼いでいた。そんな二人の才能に魅せられたやり手の映画プロデューサーのコルベンは、世界初の映画を撮影しようと姉妹と契約する。

続きを読む "プラネタリウム" »

2017年10月 5日 (木)

僕のワンダフル・ライフ

僕の名前は ベイリーベイリーベイリー

A_dogs_purpose

公式サイト http://boku-wonderful.jp

原作: 野良犬トビーの愛すべき転生 (W・ブルース・キャメロン著/新潮文庫)
監督: ラッセ・ハルストレム

ゴールデン・レトリーバーの子犬ベイリーは、暑い夏の日、車に閉じ込められているところを8歳の少年イーサン(ブライス・ガイザー)に助けられ、彼の家族に引き取られる。夏休みにはイーサンとアメフトのボールで毎日のように遊び、強い絆で結ばれていく。高校生となったイーサン(K・J・アパ)は、将来有望なアメフト選手として活躍する。ある日、ベイリーが遊園地でイーサンと美少女ハンナ(ブリット・ロバートソン)の出会いを演出してあげると、2人はたちまち恋人同士に。いつまでもイーサンと一緒にいると誓ったベイリーだったが、大きな悔いを残しながら別れの時が来た。しかしベイリーはイーサンに会いたい一心で、何度も姿を変えて生まれ変わる。

続きを読む "僕のワンダフル・ライフ" »

2017年9月11日 (月)

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

運命の出会い

A_street_cat_named_bob

公式サイト http://bobthecat.jp

実話の映画化

原作: ボブという名のストリート・キャット (ジェームズ・ボーエン著/辰巳出版)
監督: ロジャー・スポティスウッド  「007/トゥモロー・ネバー・ダイ」 「シックス・デイ」

ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)は、人生に目的も目標も持てないまま、薬物依存から抜け出す事もできず、ドン底の生活を送っていた。そんな彼が、ある日、茶トラの野良猫と出会った。ケガをしていたその猫は、ジェームズがなけなしの金をはたいて助けて以来、すっかり懐いてジェームズから離れようとしない。野良猫はボブと名付けられ、ジェームズの肩に乗ってどこへでもついていくようになる。すると、これまでストリートで演奏しても誰も立ち止まってくれなかったジェームズの周りに人だかりが出来るようになり、ジェームズとボブのコンビは、次第に世間の注目を集める。

続きを読む "ボブという名の猫 幸せのハイタッチ" »

2017年9月 4日 (月)

パターソン

永瀬さんのアーハ?が良い

Paterson

公式サイト http://paterson-movie.com

監督: ジム・ジャームッシュ  「コーヒー&シガレッツ」 「ブロークン・フラワーズ」

ニュージャージー州パターソンに住む、バス運転手のパターソン(アダム・ドライバー)。彼の1日は朝、隣りに眠る妻ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)にキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣りで眠りにつく。そんな一見変わりのない日々の中で、彼は周囲の何気ない出来事の中から、詩を紡ぎ出してノートに書き留めていく。

続きを読む "パターソン" »

2017年8月 1日 (火)

ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~

怒れる不運な暴走男

A_fond

公式サイト http://gaga.ne.jp/bon-voyage

監督: ニコラ・ブナム  「世界の果てまでヒャッハー!」

夏休みを迎え、整形外科医のトム(ジョゼ・ガルシア)は、最新テクノロジーが搭載されているという真紅の新車に乗り、家族でバカンスに出掛ける。ところが出発早々その最新システムが故障し、ブレーキが利かなくなり、時速160キロのまま大暴走。そんな非常事態の中、何を思ったか家族が次々ととんでもない秘密を告白し、崩壊の危機に。そして彼らが向かう先には、大渋滞が待ち構えていた。

続きを読む "ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~" »

2017年7月31日 (月)

ヒトラーへの285枚の葉書

平和ではなく暴力が支配する世界になる

Alone_in_berlin

公式サイト http://hitler-hagaki-movie.com

実話を基にした映画

原作: ベルリンに一人死す (ハンス・ファラダ著/みすず書房)
監督: ヴァンサン・ペレーズ

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで質素に暮らす、軍需工場に勤めるオットー(ブレンダン・グリーソン)とナチの国家社会主義女性同盟のメンバーであるアンナ(エマ・トンプソン)夫妻のもとに、ひとり息子ハンスが戦死した知らせが届く。心のよりどころを失った二人は悲しみのどん底に沈むが、ある日、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」と怒りのメッセージを葉書きに記し、それをそっと街中に置いた。ヒトラー政権を批判するささやかな活動を繰り返すことで、魂が解放されるのを感じる二人。だが市民からの通報を受け、ゲシュタポのエッシャリヒ警部(ダニエル・ブリュール)が捜査に乗り出す。

続きを読む "ヒトラーへの285枚の葉書" »

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

COMING SOON

無料ブログはココログ