« ツリー・オブ・ライフ | トップページ | 親愛なるきみへ (試写会) »

2011年8月25日 (木)

サマーフェスティバル 2011 映像と音楽

サントリー芸術財団 サマーフェスティバル 2011
<MUSIC TODAY 21>

初日の22日月曜日のチケットが当たって、行ってきました。

グラス・ハーモニカは1968年に製作されたロシアのアニメ映画ですが、当時のソ連の指導者達を皮肉った内容のために検閲を通らず、変更を加えてもダメだった作品で、世界初公開だそうです。
音楽は、東京交響楽団の生演奏でした。

人の心を豊かに美しくするのは、金貨ではなく、美しい花や音楽、芸術であるという内容でした。

次は、エドラー・ヴァレーズが50年ほど前に作曲した「砂漠」に合わせた映像を、ビル・ヴィオラが1994年に作りました。

こちらも生演奏で映像を見ました。

映像は曲にとても合っていると思いましたが、もともとの曲が、ひじょーに不快な音の組み合わせで、30分近く聞いているのは、はっきり言って拷問に近かったです。

テーマに合わせた音なのはわかりますが、よくこんな曲を作曲したわね。

« ツリー・オブ・ライフ | トップページ | 親愛なるきみへ (試写会) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サマーフェスティバル 2011 映像と音楽:

« ツリー・オブ・ライフ | トップページ | 親愛なるきみへ (試写会) »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ