サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

予告編

  • シュヴァルの理想宮

    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

    テッド・バンディ

« フッド:ザ・ビギニング | トップページ | レオ45歳 »

2019年11月10日 (日)

ジェミニマン

ヤングはフルCG

Gemini-man

公式サイト https://geminiman.jp

監督: アン・リー

政府の下で数々の暗殺に手を染めてきた腕利きスナイパー、ヘンリー・ブローガン(ウィル・スミス)。引退を決意した彼の前に、謎の刺客が現われる。なぜか自分のあらゆる動きが予測されてしまい、苦戦を強いられるヘンリー。謎の敵の正体が、秘密裏に創られたヘンリー自身のクローンだという衝撃的な事実を知った彼は、想像を遥かに超えた巨大な陰謀に巻き込まれていく。

若いウィル・スミスは、顔だけCGで若いウィル・スミスにしているのかと思ったら、フルCGと聞いてびっくり。
実写のウィルと激しいアクションシーンの絡みもあるのに、全く違和感なし。

アラジンでも、ウィルはフルCG。
技術の進歩は凄いですねえ。

アクションシーンはとにかく見事でした。
バイクアクションが、特にすごい。

一方、ストーリーは特別新しい事はなく、
「もう一人いました。」って部分も、予測できちゃいました。

ヒロイン役は、ダイ・ハードの娘、メアリー・エリザベス・ウィンステッド
アクション物の出演が多いですね。

悪役だけど、久しぶりにクライヴ・オーウェンが見られてうれしかったです。

(鑑賞日10月26日)

« フッド:ザ・ビギニング | トップページ | レオ45歳 »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フッド:ザ・ビギニング | トップページ | レオ45歳 »