予告編

  • ドクター・ドリトル

    ジュディ 虹の彼方に

    エジソンズ・ゲーム

« ジュディ 虹の彼方に | トップページ | ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey »

2020年3月23日 (月)

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

母と息子と同性愛

The-death-and-life-of-john-f-donovan

公式サイト https://www.phantom-film.com/donovan

監督・原案・脚本・編集: グザヴィエ・ドラン

2006年のニューヨーク。人気俳優のジョン・F・ドノヴァン(キット・ハリントン)が29歳の若さでこの世を去った。謎に包まれた彼の死の真相の鍵を握るのは、一人の少年だった。10年の歳月が過ぎ、ドノヴァンと当時11歳の少年だったルパート・ターナー(ジェイコブ・トレンブイ)の“秘密の文通”が一冊の本として出版される。今では注目の新進俳優となったルパート(ベン・シュネッツァー)が、ドノヴァンとの100通以上におよぶ手紙の公開を決意し、著名なジャーナリスト(タンディ・ニュートン)の取材に臨む。

ドランの才能が評価されているのは知っていますが、監督作や出演作を見たことがありません。
なんか暗そうな感じがして、どうも見るのをためらってしまって。

本作を見に行ったのは、ドラン自身が「タイタニック」を見てレオのファンになり、8歳の頃にファンレターを書いたのをヒントにしたというからです。
ドランは今でも、好きな役者にファンレターを書いているそうです。
あと、出演者がなかなか豪華なの。

ナタリー・ポートマン
スーザン・サランドン
キャシー・ベイツ
サラ・ガドン
マイケル・ガンボン

本作が初めての英語の映画だそうですね。
面白いと思う内容ではありませんでした。
推理物って感じでもなかったし。
それと、アップの場面が多いなと思いました。

ただ、同性愛者の人は色々と苦労や苦悩が多いんだろうなあと思いました。
これまでもそういう映画を見たし。
ドラン自身も同性愛者ですよね。
社会的に同性愛者の人が差別されたり、特別な目で見られることがないようになってほしいと切実に思っているのでしょう。

「マイ・プライベート・アイダホ」のキアヌとリバーを彷彿とさせる場面がありました。
Myownprivateidaho

あの映画も、私は面白いとは思わなかったのよね。

ルパート少年はいじめっ子の事が好きなのかなと思ったカメラワークがあったのですが、どうでしょうか。
そんな感じがしたので、ラストのルパートには驚きませんでした。

(鑑賞日3月19日)

« ジュディ 虹の彼方に | トップページ | ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジュディ 虹の彼方に | トップページ | ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey »