« ワイルド・スピード/ジェットブレイク | トップページ | MINAMATA―ミナマタ― »

2021年9月28日 (火)

レミニセンス

忘れられない彼女を追って...

Reminiscence

公式サイト https://wwws.warnerbros.co.jp/reminiscence-movie 

海面上昇が進み水に覆われた近未来の都市。
顧客が望む記憶を呼び起こして追体験させるサービスを生業とする、ニック(ヒュー・ジャックマン)と相棒のワッツ(タンディ・ニュートン)。
ある日、ニックは失くした鍵を見つけたいと現れた謎めいた女性メイ(レベッカ・ファーガソン)に心を奪われ、愛し合うようになる。
しかしメイは、突然ニックの前から姿を消してしまう。彼女の行方の手がかりがないかと、自分の記憶に潜入を繰り返していたニックに、検察からある仕事が舞い込む。
それは瀕死の状態で発見された麻薬組織のチンピラの記憶から、その組織の情報と犯罪の証拠を得る事だった。
その男の記憶に潜入してみると、その中になんとメイの姿があり、愕然とするニック。
メイの行方を追ってニックは、次々と手がかりとなる人間の記憶に潜入する。

事前に情報をほとんど入れずに見てきました。
でも目にしていたテレビの予告編では、「インセプション」みたいな映画のように宣伝していましたね。
製作はクリストファー・ノーランの弟ジョナサン・ノーラン。
監督・脚本はジョナサンの妻のリサ・ジョイと鑑賞後に知り、女性監督らしい結末と思いました。

サスペンスタッチではありますが、ベースはラブストーリーですね。
愛した女性は何者だったのか。
なぜ自分の前に現れ、突然姿を消したのか。

彼女の行方と本心を、必死に知ろうとする男の話。
ニック以外の人物たちの「愛」もある。

スクリーンで見ている映像が、潜入した記憶の物なのか現在なのか、その点が、なかなかうまく展開されますね。
メイがどいう人間なのか、次々と出てくる話に私も興味津々でした。

ダニエル・ウーの出演を知らなかったので、出てきた時うれしかったです。💓

教訓
過去にとらわれず、今を生きねば。

(鑑賞日9月24日)

« ワイルド・スピード/ジェットブレイク | トップページ | MINAMATA―ミナマタ― »

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

コメント

ご飯も食べずに美女の記憶に入りっぱなしのヒューが
タンディ・ニュートンに叱られるシーンは
どこかエロビデオをこっそり見ている親父みたいで笑えました。
へ~、女性監督だったのですね。
どうりで女性の描写が繊細だったわけですね(←そうなの?)

★itukaさん
>どこかエロビデオをこっそり見ている親父みたいで笑えました。

ま、スケベでない男性はいませんから。(笑)

>へ~、女性監督だったのですね。

私も鑑賞後に知って、女性好みの終わり方だなあと思いました。

>>どこかエロビデオをこっそり見ている親父みたいで笑えました。

>ま、スケベでない男性はいませんから。(笑)

>>へ~、女性監督だったのですね。

>私も鑑賞後に知って、女性好みの終わり方だなあと思いました。

なるほど!
勉強になります(笑)

★onscreenさん

>なるほど!
>勉強になります(笑)

ま、映画の見方は色々ですわん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワイルド・スピード/ジェットブレイク | トップページ | MINAMATA―ミナマタ― »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ