« ディア・エヴァン・ハンセン | トップページ | ドント・ルック・アップ »

2021年12月15日 (水)

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ

結局相性ばっちり?(*≧m≦*)

Ve

公式サイト https://www.venom-movie.jp

監督: アンディ・サーキス

地球外生命体シンビオートがジャーナリストのエディ(トム・ハーディ)に寄生して誕生したヴェノム。エディは凶暴なヴェノムに振り回されながらも、どうにか共生関係を築き、この奇妙な共同生活を続けていた。そんなある日、収監中の連続殺人鬼クレタスが取材で訪れていたエディに噛みつき、シンビオートをその体内に取り込むと、クレタス(ウディ・ハレルソン)の狂気と融合した最凶最悪のカーネイジが誕生してしまう。やがて死刑執行目前に刑務所を脱走したクレタスは、カーネイジの力で次々と無差別な虐殺を繰り返していく。

前作と監督が代わって、なんとアンディ・サーキスですよ。
アメコミの監督をするとはね。

本作は気楽に見られる映画。
ストーリーは単純だし、上映時間が98分と短いのもいいですねえ。

アメコミというとアクションですが、この映画では、笑いの部分が好きです。
エディとヴェノムのやり取りは漫才みたいだし、ヴェノムがエディに寄生しているのを知っている人達とのやり取りとも楽しい。

コミカルなミシェル・ウィリアムズ、なかなか見られないから貴重です。

おまけ映像は、次のスパイダーマン。
サム・ライミ監督版に登場した悪役たちも登場するようで、楽しみです。

「ヴェノム」の感想はこちら

(鑑賞日12月10日)

« ディア・エヴァン・ハンセン | トップページ | ドント・ルック・アップ »

【映画】あ行」カテゴリの記事

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

風子さん☆こちらにも
ヴェノムとのやりとりが痴話げんかみたいで面白かったですね。
でも私は吹き替え版だったのですけど、その肝心なやりとりが、ちょっと判りにくくて、訳のせいかな?とモヤモヤしました。
サクッと見るのに丁度良かったです。

★ノルウェーまだ~むさん
文句を言いあいながらも、お互いがいないと生存できない腐れ縁の仲ですね。
吹き替え版の掛け合いはわかりにくかったのですか?
ま、細かいことはスルーして見ても大丈夫な作品ではないでしょうか。(笑)

本家MCUがどんどん長くなってるんで、この短さは貴重です。
おバカでサクッと観られて、観終わってしばらくすると忘れてる。
これぞ正しいプログラムピクチュアです。
次回もこの路線を守ってほしいですね。

★ノラネコさん
上映時間が長いと、都合をつけるの大変なんですよ。
メジャー作品でこの長さはいいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ディア・エヴァン・ハンセン | トップページ | ドント・ルック・アップ »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ