« 映画 イチケイのカラス | トップページ | イニシェリン島の精霊 »

2023年1月30日 (月)

ラーゲリより愛を込めて

希望を支えに

Rageri

公式サイト https://lageri-movie.jp

実話を基にした映画

原作: 収容所から来た遺書 (辺見じゅん著/文春文庫)
監督: 瀬々敬久 「とんび」 「護られなかった者たちへ」 「明日の食卓」

第二次世界大戦終了後、シベリアの強制収容所(ラーゲリ)に抑留された山本幡男(二宮和也)は、ほかの大勢の抑留者たちとともに、飢えと寒さと重労働に苦しめられていた。過酷な日々に耐えられず、命を落とす者が続出する中、山本は帰国の希望を捨てずに、仲間を励まし続ける。山本の仲間思いの行動と力強い信念は、多くの捕虜たちの心に希望の火を灯していく。

実話の映画化というので、興味を持ちました。

シベリアの収容所の過酷さは、これまでテレビや映画でずいぶん見てきました。
飢えと寒さで、死亡者は多数。

主人公の山本は、妻子との再会を心の支えとして、収容所での生活を耐え続けた。
山本同様、日本にいる家族を思う捕虜は多い。
しかし、希望を持つものは少ない。
絶望から自殺行為に走る者もいる。

収容所で皆が世話をしていた犬のクロは実在し、帰国者を乗せた船を追いかけて来たのも事実だそうだ。
船を追いかけて来たというのは、クロがとってもかわいがられていた証拠ですよね。

予想通り、ハンカチ必携の映画でした。

戦争は、勝っても負けても悲劇しか生まない。
ウクライナ侵攻も、早く終わってほしいです。

(鑑賞日1月21日)

« 映画 イチケイのカラス | トップページ | イニシェリン島の精霊 »

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画 イチケイのカラス | トップページ | イニシェリン島の精霊 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ