« アントマン&ワスプ:クアントマニア | トップページ | ブラックライト »

2023年3月22日 (水)

フェイブルマンズ

映画に魅せられて 🎥

The-fabelmans

公式サイト https://fabelmans-film.jp

監督 スティーヴン・スピルバーグ

1952年、両親に連れられ初めて映画館を訪れたサミー・フェイブルマン少年は、そこで観た「地上最大のショウ」の列車脱線シーンに大きな衝撃を受ける。その後、列車の模型でそのシーンを再現しようとするサミーに、母親は8mmカメラを買い与える。彼はそれで家族の旅行や休暇の様子を記録し、妹や友人が出演する作品を作るようになる。そんな息子を母親(ミシェル・ウィリアムズ)は応援するが、父親(ポール・ダノ)は快く思わない。そんな中、一家は父の仕事の関係で、アリゾナからカリフォルニアへと引っ越し、そこでの出来事がサミーの未来を変えていく。

スピルバーグ監督の自伝的映画だそうです。
ある家族の話って感じでした。

学校ではいじめられっ子。
初めてみた映画に衝撃をうけて、映像を撮り始める。
好きな事をしている時は、誰でもいきいきしてるよねえ。

そして両親が離婚に至る様子も描いている。
思春期に親の離婚は、つらかったでしょうね。
自分が撮った映像で、母の気持ちに気づいてしまったら特に。

父親の仕事の関係で、アリゾナからカリフォルニアへ家族で引っ越し。
カリフォルニアにはユダヤ人が少なくて、いじめがきつかったのね。

デビッド・リンチがジョン・フォード監督役がでびっくりしたわ。

(鑑賞日3月9日)

« アントマン&ワスプ:クアントマニア | トップページ | ブラックライト »

【映画】は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アントマン&ワスプ:クアントマニア | トップページ | ブラックライト »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ