« 長ぐつをはいたネコと9つの命 | トップページ | 劇場版TOKYO MER~走る緊急救命室~ »

2023年5月 1日 (月)

ザ・ホエール

正直な気持ちの感想文を

The-whale

公式サイト https://whale-movie.jp

劇作家サミュエル・D・ハンターによる舞台劇の映画化

監督:ダーレン・アロノフスキー 「レスラー」「ブラック・スワン」「ノア 約束の舟

恋人アランを亡くしたショックから、過食症に陥ってしまったチャーリー(ブレンダン・フレイザー)は、大学のオンライン講座で生計を立てている。歩行器なしでは移動もままならないほどの肥満となった今も、入院を頑なに拒み続け、アランの妹で看護師のリズ(ホン・チャウ)に頼っている。そんなある日、病状の悪化で自らの余命が幾ばくもないことを悟ったチャーリーは、離婚して以来長らく疎遠だった17歳の娘エリー(セイディー・シンク)との関係を修復しようと決意する。ところが家にやってきたエリーは、学校生活と家庭で多くのトラブルを抱え、心が荒みきっていた。

ネタバレで感想を。

原作が舞台劇のせいか、アランのアパート内での出来事だけで構成されている。

リズから、病院で治療を受けないと死んでしまうと言われても、保険に入っていないから莫大な費用が掛かるし、そんなお金はないと言うチャーリー。
しかし娘のエリーには、お金をあげるからまた来るようにと言う。13万ドルくらいあるからと。
どっちが本当なのと思ったわ。

娘にアランの死因を聞かれて、答えたくないと言うチャーリー。
何かあると思ったら、話が進むにつれ、自殺だったことがわかる。

アランの親は宣教師。
信心深いキリスト教徒ほど、同性愛者であることに苦悩し自殺を考えるって、これまで見てきた映画で知りましたよ。

チャーリーは、アランの死は自分に責任があると考え、治療を拒んで自殺同然の行動をしているのかもと思いました。
そして妻子を捨てたことに対しても自責の念があり、自分を罰しているような。

愛する娘に対して唯一できる事が、お金を残す事。

娘も、幼い頃は父親が好きだったではないかしら。だからこそ、捨てられたショックが大きかったのかも。

新米宣教師トーマス役は、「ジュラシック・ワールド」などに出演していたタイ・シンプソ
大きくなりましたねえ。まずまずのイケメンになりました。

本作でカギになっている小説「白鯨」。
チャーリーが発作を起こした時、よくできた感想文だから読んでほしいというのは、誰のものなのか。
もしかして教え子でもあったアランの物なのかと思いましたが、娘のエリーのだったのね。

(鑑賞日4月17日)

« 長ぐつをはいたネコと9つの命 | トップページ | 劇場版TOKYO MER~走る緊急救命室~ »

【映画】さ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長ぐつをはいたネコと9つの命 | トップページ | 劇場版TOKYO MER~走る緊急救命室~ »

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ