« ザ・ホエール | トップページ | 蟻の王 (仮題) (イタリア映画祭にて) »

2023年5月 4日 (木)

劇場版TOKYO MER~走る緊急救命室~

それぞれの葛藤

Tokyo-mer

公式サイト https://tokyomer-movie.jp

横浜のランドマークタワーで爆発事故が発生。数千人が逃げ惑う前代未聞の緊急事態に。
❝TOKYO MER❞チーフドクターの喜多見(鈴木亮平)は、いち早く現場に向かうべきと主張するが、厚生労働大臣(徳重聡)が新設したエリート集団❝YOKOHAMA MER❞の鴨居チーフ(杏)は、安全な場所で待機すべきと、両者の意見は対立する。
地上70階に取り残された193名。爆発は次々と連鎖し、人々に炎が迫る!混乱のなか重傷者が続出するが、炎と煙で、救助ヘリは屋上に近づけない。さらに、喜多見と再婚して妊娠9か月の千晶(仲里依紗)と、夏梅(菜々緒)も70階に取り残されていることが判明する。

ドラマは見てました。
この手のパニックムービーは、スクリーンで見た方が迫力があるだろうと映画館へ行きました。
爆発シーンや炎に囲まれたシーンは、スクリーンの方がいいでよすね。

喜多見だけでなく、命を救うために、みな葛藤します。
自分はどうすべきなのか。
ここでやめるべきか、続けるか。
行くのか行かないのかとか。

緊迫したシーンは多々ありますが、きっと大丈夫なんじゃないか(?)と勝手に予想していたので、それほどハラハラしませんでした。(爆)
「海猿」みたいに、チームで頑張る物語。チームあってこその喜多見です。
それぞれの窮地には、仲間が駆けつける。

キャラでは、音羽(賀来賢人)が好きです。
喜多見の行動は、わかりやすいですからね。
今回音羽は、いいところを持っていきますねえ。

鴨居は、音羽の大学の同期で、学生時代は彼の恋人だった。
アメリカで学んだ優秀な医師で、YOKOHAMA MERにスカウトされた。
気になったのは、ゴミをまかないでね~と思った場面。
ゴミは持ち帰るか、ゴミ箱へ。(爆)

何気に好きなのが、日和見の腰ぎんちゃく久我山(鶴見慎吾)。
こっそりTOKYO MERを応援しているのが、にくいです。(笑)

(鑑賞日4月28日)

« ザ・ホエール | トップページ | 蟻の王 (仮題) (イタリア映画祭にて) »

【映画】か行」カテゴリの記事

【映画】A~Z 数字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ザ・ホエール | トップページ | 蟻の王 (仮題) (イタリア映画祭にて) »

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ