« 蟻の王 (仮題) (イタリア映画祭にて) | トップページ | ワイルド・スピード/ファイヤーブースト »

2023年5月19日 (金)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3

ロケットを救え!

Guardians-of-the-galaxy-vol-3

公式サイト https://marvel.disney.co.jp/movie/gog-vol3

監督:ジェームズ・ガン

アベンジャーズの一員として、世界を救ったガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。しかしサノスとの戦いで、最愛の恋人ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)を失ったショックから立ち直れないピーター(クリス・プラット)。そんな中、銀河を完璧な世界に作り変えようとする最凶の敵ハイ・エボリューショナリー(チュクーディ・イウジ)が現れ、ロケット(声:ブラッドリー・クーパー)は瀕死の状態に...。彼の命を救うカギは、彼の過去に隠されていた。

2D字幕版で鑑賞だけど、大きいスクリーンで上映の映画館に行きました。
これを見るなら、やっぱり大きなスクリーンで正解。

ガーディアンズは、黄金のゾブリン人のアダム(ウィル・ポールター)に襲われ、ロケットが瀕死の重傷を負う。
ピーター達が救命措置をしようとするが、彼にはキルコードが設定されていた。
48時間以内にコードを手に入れなければ、命はない。

今作は、ロケットの生い立ちが語られる。
そして彼の物語に泣かされます。
他にも感動シーンが盛り込まれてました。

動物実験によりロケットを造りだしたハイ・エボリューショナリーは、ロケットの脳だけを回収しようとします。
ピーター達が、必死の攻防を繰り広げます。

笑いも多々あるけれど、泣ける場面もあるエンターテイメント作品でした。
笑って泣けて、よくできてました。

アダムはおバカなキャラだけど、最後には活躍する。
昨日の敵は今日の友で、ファミリーみたいなところは、ワイスピと似てるかな。

死んだと思ったガモーラは、ピーターとの記憶を失って生きていた。
別次元から来ているのかな?
ネビュラはそれを知っていたけれど、ピーターには黙っていた。

前作に引き続き、スタローンも登場。
ネイサン・フィリオンが、実験施設の警備隊の隊長で出演。

未見のディズニー+で配信された、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデー・スペシャル」で、ケヴィン・ベーコンの話だったそうで、エンドロールでも彼の写真が出できたし、おまけ映像でも新聞に彼の記事が出てました。
鑑賞前に映画雑誌でホリデー・スペシャルを知っていたので、記事に笑えてよかったわ。
マンティスがピーターの妹というのも、ホリデー・スペシャルで語られたそうですね。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」の感想はこちら
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の感想はこちら

(鑑賞日5月9日)

« 蟻の王 (仮題) (イタリア映画祭にて) | トップページ | ワイルド・スピード/ファイヤーブースト »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

ウィル・ポールターは「デトロイト」のときに、ものすごく憎たらしいのが印象に残る人でした…。顔つきがアレなんでしょうね!
ホリデー・スペシャルは見ていないので、どこかで見てみたいものです。

★ボーさん
ウィル・ポールターは、わたしはナルニアの印象が残っています。
ディズニーのMCUは、映画だけではわからなくなってきているので、困りますねえ。

シリーズの大団円として、文句のつけようのない素晴らしい仕上がり。
ジェームズガンにはDCでも腕を振るって欲しいのですが、こちらもこのまま終わりでは勿体無い。
最後の字幕は本当になるのでしょうか。
期待して待ちたいです。

★ノラネコさん

>最後の字幕は本当になるのでしょうか。
>期待して待ちたいです。

そうですね。
このままではもったいないキャラですね。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蟻の王 (仮題) (イタリア映画祭にて) | トップページ | ワイルド・スピード/ファイヤーブースト »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ