« 猫と、とうさん | トップページ | 名探偵ポアロ:ベネチアの亡霊 »

2023年9月24日 (日)

グランツーリスモ

オタク野郎と舐めるなかれ

Gran-turismo

公式サイト https://www.gt-movie.jp

実話を基にした映画

監督:ニール・ブロムカンプ  「チャッピー」「エリジウム」「第9地区

大学をやめ、世界的大ヒットゲーム“グランツーリスモ”に毎日夢中の若者ヤン(ヤン・マーデンボロー)は、父(ジャイモン・フンスー)にあきれられながらも、本物のレーシングドライバーになることを夢見ていた。2008年、日産、プレイステーション、ポリフォニー・デジタルがタッグを組み、“グランツーリスモ”のトッププレイヤーたちの中から、プロのレーシングドライバーを養成する前代未聞のプロジェクト“GTアカデミー”がスタートする。それは、プレイヤーの可能性を信じるダニー・ムーア(オーランド・ブルーム)によって設立されたプログラムだった。ヤンはゲームで好タイムを出し、“GTアカデミー”の予選会に参加するチャンスを得る。やがてヤンは、それぞれに夢を抱く他の若者たちとともに“GTアカデミー”に参加し、本心ではゲーマーが通用するはずないと思っている元レーサー、ジャック・ソルター(デヴィッド・ハーバー)の厳しい指導を受け、初めてリアルなレースの過酷さを身をもって体感していく。

ゲーマーをプロのレーサーになんて考えた人がいたのね。
びっくりよ。
誰だって、何考えてるんだって思うわよね。
しかしそれが実現するなんて、もっと驚き!

たとえは全然違うかもしれないけど、家でCDでオーケストラの音楽を聴いているのと、コンサートホールで生のオーケストラの演奏を聴くのとは、全く別の感じと同様のものがあると思う。

実際のレースは空気感や、天候、車の重さや、命の危険もある。
まずは体力だけどね。
スタッフとの信頼関係やコンビネーションなど、ゲームと違う事は山ほどある。

でもそれらを乗り越え、ル・マンという大レースで表彰台に立てた。
すごいですねえ。
主人公の成長物語でもあります。

ヤンがレース前に聞く曲に、エンヤがあったのはちょっと意外。

レースシーンは、やっぱり熱くなりますねえ。
見ごたえありますよ。
レースシーンは、ヤン・マーデンボロー自身がカースタントを担当しているそうです。

日産のチームなので、日本の会社の人役で、平岳大が出てた。
ライバルレーサーの父親役で、トーマス・クレッチマンもちょっとだけど出演してたわん。💓

(鑑賞日9月17日)

« 猫と、とうさん | トップページ | 名探偵ポアロ:ベネチアの亡霊 »

【映画】か行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫と、とうさん | トップページ | 名探偵ポアロ:ベネチアの亡霊 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ