« ジョン・ウィック:コンセクエンス | トップページ | イコライザー THE FINAL »

2023年10月12日 (木)

ルー、パリで生まれた猫

それぞれの道

Mon-chat-et-moi

公式サイト https://gaga.ne.jp/parisnekorrou

パリで暮らす10歳の少女クレムは、屋根裏でキジトラの子猫を見つけ、ルーと名付けて一緒に暮らし始める。不仲な両親に心を痛めている彼女にとって、ルーとの生活は心安らぐ時間となっていく。そんなある日、家族で森の中の別荘を訪れたクレムとルーは、そこで思いがけない出会いをする。

少女と猫のそれぞれの成長を、それぞれの視点から描いている。
猫はしゃべらないし、ナレーションもないけれど、猫の気持ちがわかる映像になっていた。

まずは屋根裏部屋での、母猫と子猫(確か)4匹の様子。
母親が外で鼠を捕まえようとして、転落して亡くなってしまう。
待っている子猫たちのもとに、母猫は戻らない。
クレムが屋根裏部屋に入ってきた時には、子猫が一匹だけ残っていた。

都会では、外には危険がいっぱい。
車にひかれちゃう猫ちゃんもいるからね。
家猫がうっかり外に出たら大変。

でも、森にだって危険がいっぱい。
猫が外で暮らすなら、ほかの動物に襲われたりするし、餌だって自分で得なければならない。
限られたスペースで暮らす家猫がいいのか、森の中で自由に暮らすのとどっちが幸せだろう。

個人的には、あのラストでいいのかなあと思うけど、猫は可愛かったし、森のご近所さんのマドレーヌさんと飼い犬のランボーが良かった。

(鑑賞日10月3日)

« ジョン・ウィック:コンセクエンス | トップページ | イコライザー THE FINAL »

【映画】ら~わ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョン・ウィック:コンセクエンス | トップページ | イコライザー THE FINAL »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ