【映画】さ行

2022年5月22日 (日)

シン・ウルトラマン

ひかりの国からウルトラマン

Sin-ultra

公式サイト https://shin-ultraman.jp

監督:樋口真嗣 「シン・ゴジラ

「禍威獣(カイジュウ)」と呼ばれる謎の巨大生物が次々と現れ、その存在が日常になった日本。通常兵器が通じない禍威獣に対応するため、政府はスペシャリストを集めて「禍威獣特設対策室専従班」=通称「禍特対(カトクタイ)」を設立。班長の田村君男(西島秀俊)、作戦立案担当官の神永新二(斎藤工)ら禍特対のメンバーが日々任務にあたっていた。そんなある時、大気圏外から正体不明の銀色の巨人が突如出現。巨人対策のため禍特対には新たに分析官の浅見弘子(長澤まさみ)が配属され、神永とバディを組むことになる。

続きを読む "シン・ウルトラマン" »

2022年1月29日 (土)

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム

大いなる力には大いなる責任が

Sp-nwh

公式サイト https://www.spiderman-movie.jp

監督: ジョン・ワッツ

ミステリオ(ジェイク・ギレンホール)との戦いによって、スパイダーマンの正体が自分であることを暴露されてしまったピーター・パーカー(トム・ホランド)。普通の生活を送れなくなってしまったばかりか、MJ(ゼンデイヤ)や親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)にも被害が及び、ピーターはドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)に助けを求める。そこでドクター・ストレンジは、スパイダーマンの正体がピーターだと言う記憶を全世界から消すために、危険な呪文を唱える。しかしそれは失敗し、ドック・オク(アルフレッド・モリナ)、グリーン・ゴブリン(ウィレム・デフォー)、エレクトロ(ジェイミー・フォックス)、サンドマン(トーマス・ヘイデン・チャーチ)、リザード(リス・エヴァンス)といったスパイダーマンの敵が、次々と出現してしまう。

続きを読む "スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム" »

2021年10月31日 (日)

最後の決闘裁判

西洋版羅生門
真相は神のみぞ知る

The-last-duel

公式サイト https://www.20thcenturystudios.jp/movies/kettosaiban

史実に基づく話。

原作: 最後の決闘裁判 (エリック・ジェイガー著/ハヤカワ文庫)
監督: リドリー・スコット
脚本: ニコール・ホロフセナー、ベン・アフレック、マット・デイモン

1386年フランス。騎士カルージュ(マット・デイモン)の妻マルグリット(ジョディ・カマー)が、夫の旧友で従騎士のル・グリ(アダム・ドライバー)に乱暴されたと訴える。しかし目撃者もなく、無実を訴えるル・グリと、重罰を望むカルージュの主張はいつまでも平行線のまま。そこで判定は、神が正義の者を勝利に導くと信じられていた、互いの生死を懸けた決闘裁判に委ねられることに。

続きを読む "最後の決闘裁判" »

2020年3月23日 (月)

ジョン・F・ドノヴァンの死と生

母と息子と同性愛

The-death-and-life-of-john-f-donovan

公式サイト https://www.phantom-film.com/donovan

監督・原案・脚本・編集: グザヴィエ・ドラン

2006年のニューヨーク。人気俳優のジョン・F・ドノヴァン(キット・ハリントン)が29歳の若さでこの世を去った。謎に包まれた彼の死の真相の鍵を握るのは、一人の少年だった。10年の歳月が過ぎ、ドノヴァンと当時11歳の少年だったルパート・ターナー(ジェイコブ・トレンブイ)の“秘密の文通”が一冊の本として出版される。今では注目の新進俳優となったルパート(ベン・シュネッツァー)が、ドノヴァンとの100通以上におよぶ手紙の公開を決意し、著名なジャーナリスト(タンディ・ニュートン)の取材に臨む。

続きを読む "ジョン・F・ドノヴァンの死と生" »

2020年3月15日 (日)

ジュディ 虹の彼方に

虹の彼方を目指して

Judy

公式サイト https://gaga.ne.jp/judy

原作戯曲はピーター・キルターの「End Of The Rainbow」

1939年に「オズの魔法使」に抜擢され、17歳で一躍スターとなったジュディ・ガーランド(レネー・ゼルウィガー)。今は若いころからの薬漬けやアルコールがたたって、心身ともにボロボロで、映画出演のオファーもなく、借金は増え続け、巡業ショーで生計を立てる毎日。1968年、彼女は仕方なく子供たちを元夫に預け、ロンドンのクラブに長期出演するために、再起をかけて単身渡英する。

続きを読む "ジュディ 虹の彼方に" »

2020年3月 5日 (木)

スキャンダル

NO MORE エロ爺 👊

Bombshell

公式サイト https://gaga.ne.jp/scandal

実話を基にした映画

監督: ジェイ・ローチ  「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」 「ミート・ザ・ペアレンツ」

大手テレビ局FOXニュースのベテラン女性キャスター、グレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)は、人気番組の担当を降ろされたのを機に、長年セクハラを繰り返してきたCEOのロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)を訴える準備を進める。一方、看板キャスターのメーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)は、女性蔑視が目に余るドナルド・トランプ大統領候補への対決姿勢を鮮明にしていく。そんな中、メインキャスターの座を狙う野心あふれる若手ケイラ・ポスピシル(マーゴット・ロビー)は、ついにロジャーとの面接のチャンスを得る。2016年、一方的に解雇されたカールソンがエイルズをセクハラで告訴すると、局内は騒然とする。ケリーは、自身の成功までの過程を振り返り、心中穏やかではなくなっていた。

続きを読む "スキャンダル" »

2020年2月10日 (月)

ザ・ピーナッツバター・ファルコン

善悪を決めるのは魂
友達は自分で選べる家族

The-peanut-butter-falcon

公式サイト http://tpbf-movie.jp

老人の養護施設で暮らすダウン症の青年ザック(ザック・ゴッツァーゲン)は、子どもの頃から憧れていたプロレスラーの養成学校に入るために、ある日施設を脱走する。一方兄を亡くした孤独な漁師のタイラー(シャイア・ラブーフ)は、無許可で漁をしていて地元漁師とトラブルになり、ボートで逃亡を図る。ところが、そのボートにはザックが隠れていた。最初はザックを追い払おうとしていたタイラーだったが、一緒に旅を続けることに。やがてザックを探してやってきた施設の看護師エレノア(ダコタ・ジョンソン)も、彼らの旅に加わるのだった。

続きを読む "ザ・ピーナッツバター・ファルコン" »

2019年12月29日 (日)

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

タトゥイーンの夕日に涙

Starwars

公式サイト https://starwars.disney.co.jp/movie/skywalker.html

監督・脚本: J・J・エイブラムス

今は亡き皇帝パルパティーンの言葉に従い、カイロ・レン(アダム・ドライヴァー)はムスタファーで、星図に載っていない惑星エグゼゴルへと導くシスのナビゲーター、ウェイファインダーを手に入れた。そして彼は、そこでパルパティーンと会った。パルパティーンはファースト・オーダーを操り、カイロをダークサイドへと誘うための操り人形としてスノークを作り上げたのである。パルパティーンは極秘に建造を進めていたスター・デストロイヤー艦隊を明らかにし、レイを見つけて殺すようにカイロ・レンに命じる。一方レイ(デイジー・リドリー)は、レイア・オーガナの下でジェダイとしての修業を続けていた。フィン(ジョン・ボイエガ)とポー(オスカー・アイザック)は、ファーストオーダー内部のレジスタンス側スパイから、パルパティーンがエグゼゴルで生きているという情報を得た。レイはルーク・スカイウォーカーが残したノートを手掛かりに、ウェイファインダーを探しにフィン、ポー、チューバッカ、BB-8、C-3POと共に、ミレニアム・ファルコンで出発する。

続きを読む "スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け" »

2019年11月26日 (火)

ゾンビランド:ダブルタップ

ビル・マーレイの毛玉

Zombieland-double-tap

公式サイト https://www.zombie-land.jp

監督: ルーベン・フライシャー  「ゾンビランド」 「L.A. ギャング ストーリー」 「ヴェノム

突如発生し瞬く間に増殖していったゾンビの脅威を、独自のルールで切り抜け、生き延びてきたコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)の4人。10年経った今は、家族のような絆を育みつつ、さらなる進化を遂げたゾンビたちとの死闘に明け暮れる日々を送っていた。そんな中、コロンバスは愛するウィチタへのプロポーズを決断する。一方、年頃のリトルロックは、父親のように過保護なタラハシーに反発心を募らせていく。

※エンドロールの後にも映像あり

続きを読む "ゾンビランド:ダブルタップ" »

2019年11月10日 (日)

ジェミニマン

ヤングはフルCG

Gemini-man

公式サイト https://geminiman.jp

監督: アン・リー

政府の下で数々の暗殺に手を染めてきた腕利きスナイパー、ヘンリー・ブローガン(ウィル・スミス)。引退を決意した彼の前に、謎の刺客が現われる。なぜか自分のあらゆる動きが予測されてしまい、苦戦を強いられるヘンリー。謎の敵の正体が、秘密裏に創られたヘンリー自身のクローンだという衝撃的な事実を知った彼は、想像を遥かに超えた巨大な陰謀に巻き込まれていく。

続きを読む "ジェミニマン" »

より以前の記事一覧

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ