予告編

  • エジソンズ・ゲーム

テレビ

2020年4月16日 (木)

サマータイムマシン・ブルースの出演者たち

2005年の作品で、当時試写会で鑑賞。
おバカな大学生たちの話だけど、監督は本広克行でなかなか面白かった作品。
テレビ欄にムロツヨシの名前があって、この作品に出てたのかと、彼を確認するためテレビ放映を見ました。
彼はこれが映画初出演だったんですね。

すると、真木よう子や佐々木蔵之介も出演しているではありませんか。
永野宗典も、今はドラマの脇役でよく見ますね。

当時は、瑛太と上野樹里以外は知名度がなかったと思います。

Summer-timemachine

2020年4月14日 (火)

素敵な選TAXI 再放送

新型コロナの影響で撮影ができず、今月始まるはずのドラマの多くが放送延期。
その代わりとして、過去のドラマの再放送とかが多く放送されてますね。

竹野内豊が好きで、特にコメディーの竹野内さんだったので見ていた、
素敵な選TAXI

今日放送の第一話を見て、安田顕さんが出演していたのは覚えていませんでした。
大体のストーリーは覚えていたんですけどね。
当時はそれほど有名な俳優さんではなかったと思います。

Sentaxi

こう言う事があるから、再放送を見るのもいいんですよね。 (*^▽^*)

2018年11月25日 (日)

若ーいギブス

テレビで「プレシディオの男たち」を見ました。
ずっと前に見たことあったけど、内容は記憶になく、わりと面白かったと思った事と、ショーン・コネリーが出演していた事しか覚えていなかった。

そしたらなんと、NCIS ~ネイビー犯罪捜査班のギブスこと、マーク・ハーモンがメインキャスト。
コネリーとハーモンが、殺人事件の捜査をする、サスペンスアクション。
コネリー演じる中佐の娘がメグ・ライアンで、刑事のハーモンは彼女と恋に落ちる。

今ではすっかり白髪のハーモン。
Mark_harmon_1

30年前の映画なので、まだ30代。
Mark_harmon_2

今でもかっこいいけど、若い頃はめっちゃイケメンのハンサム。
びっくりしました。

2017年11月13日 (月)

NCISニューオーリンズ

テレ東で、「NCISニューオーリンズ」の放送が始まった。
「NCISネイビー犯罪捜査班」のスピンオフのひとつ。

私の関心はレギュラーのひとり、
ルーカス・ブラック

Lucas_black_3

彼を初めてみたのは、
イライジャ・ウッド主演の「8月のメモワール」

Lucas_black_2

生意気そうな目は、子供の頃から同じ。

しばらく映画で見なかったけど、テレビドラマに出てたのね。

ワイルド・スピードの3作目の主役で、7作目にも登場。
9作目にも出演予定になっている。
どんな風に登場するのかしら。

2017年6月30日 (金)

こんなところにHawaii Five-0

August_rush

奇跡のシンフォニー
テレビ放映を見ました。

映画館で観た映画でもあり、ロマンチックでファンタジックな物語で、ジョナサンの歌声が聞けるのと、有名ミュージシャンたちが曲を提供しているのが魅力なのよね。

フレディくんも可愛かったよねえ。
なあんて思いながら見ていたら、
ジョナサンの兄役が、テレビドラマ「Hawaii Five-0」の主役、アレックス・オローリンではないの。この頃はまだ知名度ないものね。
思わぬ驚きでした。

2017年6月29日 (木)

パレードへようこそ

Pride

実話の映画化

映画館へ見に行けなかった作品で、
テレビ放映があったので鑑賞しました。

おすすめの映画でした。

ロンドンに住むほんの数人の同性愛者の人たちが、炭鉱夫たちの支援にと募金活動を始めた。

Pride_2

全国炭坑労働組合は、同性愛者である彼らの支援を受け入れてくれなかったけど、ウェールズの田舎の炭鉱の町が、彼らの支援を受け入れてくれた。

彼らが交流することで、同性愛者である彼らも町の人たちも、プライベートの部分でも前進したりするんですねえ。

まあね、頑なに同性愛者を受け入れない人もいるんですけどね。

新聞記事を逆手にとって、同性愛者の人たちが募金活動の宣伝に利用するのも良かったです。

ずっと炭鉱夫たちを支援していましたが、その後、同性愛者の人たちの支援を、大勢の炭鉱の人たちがしてくれた。これがすごいのよ。
泣けましたよ。

Pride_3

登場人物たちのその後が文章で出ましたが、すごいなあと思いました。
そしてまた泣けました。

2017年5月25日 (木)

青春コメディーの脇役に

青春コメディーらしき映画を、録画して見ていました。
高校生の恋物語。

すてきな片思い
Sixteen_candles

服装や髪型から、古い映画なのかな、時代設定が古いのかなと見ていたら、ジョーン・キューザックが登場。
すごーく若い!
そのあと、弟のジョン・キューザックも登場。
めちゃ若くて、少年の雰囲気。

Sixteen_candles_2

なんと30年以上前の映画でした。
そりゃ若いはずよね。

監督は、「ホーム・アローン」(本作より後)の脚本を書いたジョン・ヒューズ
本作が初監督作らしい。

翌週に同じ監督の、またまた青春コメディーの放映がありました。
これも、主人公は高校生。

ときめきサイエンス
Weird_science

こちらに脇役で登場したのは、ロバート・ダウニー・Jr
こっちも30年以上前なので、お顔もツルツル。

Weird_science_2

そしてこっちの映画には、主人公の友人の兄役で、今年亡くなったビル・パクストンも出演しています。

脇役に、思いがけない俳優さんたちが見られた映画でした。

2017年5月 9日 (火)

テレビでアニメ版美女と野獣

Beauty_and_the_beast_anime

Dlifeで放映されたのを見ました。

実写版はアニメと同じところ、違うところもありましたが、冒頭は本当にアニメそっくりの映像でした。

図書室の場面とか、色々と実写と比べられて良かったです。

ベルを父親のもとへ帰した野獣の心情が、実写版の方が新しい曲もあり強調されていましたね。

美しい衣装や調度品は、やっぱり実写の方がうっとりできます。

2017年1月 9日 (月)

チップス先生さようなら

最初に見たのは中学生の時で、校舎の入り口に先生が立っているラストシーンで、ボロボロ涙がこぼれた感動作。

お正月にローカルテレビ局で放映があったので、録画してみた。
でも、あら?
画面のサイズも違うし、俳優も違う。

調べて見たら、チップス先生さようならは原作本があり、1939年と1969年に映画化されている。

1939年版
Goodbye_2

1969年版
Goodbye_3

これまで私が見た事があるのは、1969年版のピーター・オトゥール主演作だけ。
今回見たのは、1939年版だった。
主演俳優ロバート・ドーナットは、ジェレミー・ノーサムに感じが似ているわ。

Goodbye

20代から晩年までを一人で演じている。

Goodbye_4

主人公が先生をしていた年代設定も違うし、奥さんが亡くなった理由も違う。
他にもちょこちょこ違う部分がありますが、チップス先生がどんな先生だったかは同じ。
ま、そこが一番大事だものね。

原作を読んでみようかしら。

2016年12月15日 (木)

やっとわかった

かなり前、10年以上前かもしれない。
テレビで「アメリカン・ビューティー」を見ていたら、
ラスト近くで電話がかかってきたか何かで、
ケビン・スペイシーを撃ったのが誰なのか、
肝心の部分を見損ねた。

Ab

ラストだけ見るのにレンタルするのも...と、
そのままでしたが、
やっとまたテレビ放映があって、誰だかわかりました。
すっきりしたわ。(笑)

より以前の記事一覧